カレンダー              お申込みの流れ              よくある質問              奨学金                      English     日本語     中文


 アジア国際語学センターは、学生の皆さんの素晴らしい未来を作り上げるお手伝いをすることを一貫した信念としています。  

                                                         創立者 外山朗 

  当校は初め中国残留邦人のための帰国後の日本語教育機関として、1993年に開校しました。現在でもこちらの方面の活動は精力的に行っています。。

  その後日本に留学する中国人留学生の増加に伴い、いくつかの中日交流機構の委託を受け、1995年に留学生のための日本語学校としてスタートしました。中国山東省、福建省等に外国語学校を設立したほか、インドネシア、ロシア、ベトナム、ラオス等の諸外国にも日本語学校を設立した経験もあります。

      数年間の日本語教育事業を通して、私たちは留学生を指導する上で様々な経験を得ることができました。特に有益だったのは、学生を教育していく過程で学習、生活、進学、就職、社会実践など、各方面に関するストラテジーを確立できたことです。 日本語学校という場所は、留学生の日本における留学生活の出発点であり、ただ学生に日本語を教えればいいというだけではなく、生活面も含めて指導していく必要があると考えます。また、社会に優秀な人材を送り出す責任もあります。そのためには、学生生活の中で学生本人に自身の価値および卒業後の社会における立ち位置を認識させるべきだと思います。私たちは日頃からこの教育目的を重んじ、学生と対しています。 


      また、当校では課外活動を用いた教育方法を実践しています。それは頭を使っての勉強も大切でありながら、心、体を使って日本人の文化を体感することも大切だと考えているからです。日本語の習得はあくまでツールの習得であり、決して人材育成における最終目標ではないからです。私たちは、これから日本に留学しようとしている学生の皆さんに、留学の目的を真剣に考えた上で、自分の夢の実現のために新しい世界に挑戦する勇気をもって望んでいただきたいと願っています。 最後にもう一度当校の教育目的をご確認ください。これは当校の学生の皆さんに対する約束でもあります。